2009/05/05

「海皇記」を淡々と読む

海皇紀 39 (39) (講談社コミックス 月刊少年マガジン)海皇紀 39 (39) (講談社コミックス 月刊少年マガジン)
(2009/03/17)
川原 正敏

商品詳細を見る

連載以来単行本が出ると読んでいる漫画なのですが、たまたま1巻を読み返してしまったために次々と読み返している最中です。
といっても、常に最新刊しか手元に置いてないため、古本屋で見かけたら立ち読みというスタイルで進めています。
そのため結構時間がかかっているうえに、無い巻があると先に進めないというジレンマと闘っているわけですが、まぁ一度読んでいるので、と言い聞かせつつ。

39巻まで出ていて、物語はどの辺にさしかかっているのでしょうか?
三国志を思わせるような壮大なファンタジーものなのですが、群像劇というよりは、基本ファンという主人公の目線で話が進みますので、RPGぽいかもしれません。
特徴として帆船を使った海戦などが見物ですので、アニメ化するとしたらCGをふんだんに使った作品となるのではないでしょうか。
原作の終わりも見えない中で、アニメ化も難しいのでしょうかね。
えらい速さで原作消化しちゃいそうですし。

blog_ranking_d_03.gif

通販その他 通販通販その他 通販


関連記事

スポンサーリンク

                

コメント

非公開コメント

森の人零号

無店舗ネット古書店「森隣堂」店主、森の人零号です。

-古物商免許-
埼玉県公安委員会許可第431270016115号